ゲームニュース

リマスター版「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」で,遅延を体感しづらくするロールバック・ネットコードのβテスト開始


 アトラスは本日(2022年8月6日),発売中の2D格闘ゲーム「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」(PC / PS4)のリマスター版について,ロールバック・ネットコード機能のオープンβテストを開始したと発表した。これは,本日開幕した格闘ゲームのイベント「EVO 2022」で明らかにされたもの。

 「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」のリマスター版は,「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」(2012年)と「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」(2014年)のストーリーとDLCを1本にまとめてリマスターしたタイトルで,開発はアークシステムワークスが担当している。「ペルソナ3」と「ペルソナ4」のキャラクター達が新たな謎に挑むという内容で,ペルソナファンも格闘ゲームファンも楽しめる作品だ。

画像集#002のサムネイル/リマスター版「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」で,遅延を体感しづらくするロールバック・ネットコードのβテスト開始
画像集#003のサムネイル/リマスター版「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」で,遅延を体感しづらくするロールバック・ネットコードのβテスト開始

 2020年11月12日に掲載した記事で詳しくお伝えしたように,ロールバック・ネットコードとは,従来方式に比べてオンライン対戦におけるネットの遅延を体感しづらくする機能で,すでに多くのタイトルで採用されている。βテストの対象プラットフォームは,PC(Steam)版とPlayStation 4版とのことだ。

画像集#004のサムネイル/リマスター版「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」で,遅延を体感しづらくするロールバック・ネットコードのβテスト開始
関連記事




ロールバックネットコード「GGPO」で快適なオンライン対戦が実現。Steam版「GUILTY GEAR XX AC+R」のパブリックβテストレポート


 アークシステムワークスは,2020年10月29日から11月16日の期間,Steam版「GUILTY GEAR XX AC+R」において,ロールバックネットコード「GGPO」の導入に向けたβテストを実施している。国内向けの格闘ゲームではあまり採用されてこなかったGGPOのオンライン対戦を体験できたので,そのレポートをお届けする。


[2020/11/12 12:00]



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button