ゲームニュース

夜のトップゲームで60cmナマズ手中 ラトル音出るルアーにヒット | TSURINEWS

気温の上昇とともに、エキサイティングなバイトシーンを見せてくれるナマズのナイトゲームがヒートアップしていく。6月24日、愛知県北名古屋市を流れる五条川へ出かけた。トップウォーターゲームを楽しみグッドコンディションの60cmオーバーをキャッチしたので、その模様をリポートする。

●愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

2022年7月25日

ルアー&フライ ナマズ

五条川でナマズゲーム

五条川に到着したのは午後8時前だ。連日降り続く雨の影響で、普段より増水し濁りも入っていることから、ラトルとブレードが付いてアピール力のある闇鯰スナイパー9号のホワイトベースのカラーをセレクトした。

夜のトップゲームで60cmナマズ手中 ラトル音出るルアーにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

国道22号より上流の水門周りからスタート。水門からは排水されて、川の流れと排水がぶつかってでいるヨレを狙うべく、岸側にダウンストリームにキャストして水門と並行に引いてくる。

ミディアムスピードでルアーを引いてくると、カランカランと甲高いサウンドを奏でながらまっすぐに泳いでくれる。

60cm超え良型ゲット

扇状にキャストをして探りを入れていくが、沖のヨレも反応はない。アップストリームにキャストし、ルアーが流れに押されないように少しだけ巻くスピードを上げる。すると、群生している植物が突き出た辺りで、水面が盛り上がったような気がした。

もう一度同じコースを探ると、同じ場所でバシャッとそれほど大きくはないバイト音と水しぶきとともに、ロッドを握る手元に重みが乗った。ラインを巻きながらアワセを入れ、ファイトに持ち込む。

すると茂みの中に入ろうとするので、本流へ誘導しファイトする。中州があり、付近のゴミを引っ掛けないよう注意しながらうまく寄せてくる。バイトの感じでは、サイズはそれほど大きくなさそうだったが、重量感はそれなりだ。

夜のトップゲームで60cmナマズ手中 ラトル音出るルアーにヒットそれなりの重量感(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

少しおとなしくなったころ合いを見てランディング。キャッチしたのは、グッドコンディションの60cmオーバーのナマズだった。

トップウォーターが楽しい

派手にファイトしたことで周囲のナマズが警戒したのか、その後は反応がなくなった。そこで大きく下流へと移動し、清須市はるひ美術館周辺へ。サイレントタイプのキャタピーソフトのピンクイモムシカラーで探るが、バイトは出てもフックアップすることはなく、午後10時30分すぎにストップフィッシングとした。

通常の釣りでは水面下でバイトすることが多いので、あまり捕食シーンを見る機会が少ないがトップウォーターゲームは目視できる釣り。他の釣りの戦略の参考になることも多いので、トップウォーターのナマズゲームを楽しんでみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について

五条川

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。




クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button