ゲームニュース

ASCII.jp:アスキーゲーム:FC版『ディーヴァ STORY6 ナーサティアの玉座』が「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」で配信開始!

FC版『ディーヴァ』がNintendo Switchで楽しめる!

2022年07月22日 17時55分更新

 D4エンタープライズは7月22日、任天堂がNintendo Switchでサービス提供している「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」にて、T&Eソフトが1986年に開発(※)した『ディーヴァ STORY6 ナーサティアの玉座』をコンテンツ提供したと発表。

※FC版の発売は東芝EMI。

ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン

Nintendo Switch Online 追加タイトル [2022年7月22日]

 ジェナの謎の消失から始まった……。ヴィシュヌ銀河には、かつての繁栄の姿は微塵もなかった。そこにあるものは、絶望と悲しみ、薄暗い復讐の炎……この荒廃の影に潜む、破壊者の姿……シヴァ・ルドラ、元帝国宇宙軍総司令。

 

 マータリ・シュバン……帝国艦隊を襲う宇宙海賊“紫苑の海賊”のキャプテン。マータリ・シュバンは、銀河第三帝国の末裔と噂され、その姿は海賊のイメージとはかけ離れたものであり、しかも若かった。彼は3歳のときに、夢の中で皇帝になると予言され、その約束の地である惑星アシュビンを探し求めていた。

 

 時は流れ……惑星マトゥラーを壊滅状態に陥れたマータリ・シュバンの艦隊は、戦火の傷を癒していた……その目前に小艦隊が近付いてくる………艦長の名は、ア・ミターバ……マータリ・シュバンは、待っていたかのようにア・ミターバを惑星マトゥラーへと導いて行った……。

 

 ……マータリ・シュバンは、永く探し求めていたナーサティア双惑星を捉えていた。

 本作は1986年にリリースされたシミュレーションゲーム。プレイヤーは、帝国艦隊を襲う宇宙海賊“紫苑の海賊”のキャプテン、マータリ・シュバンとなって、数々の敵と戦いながらナーサティア双惑星への航路を開き、これを攻略していく。

 ゲームシステムは、シミュレーションゲーム+アクションゲームといった内容になっており、主に艦隊の移動を行なう「戦略モード」、ターン制で艦隊同士の戦いを行なう「艦隊戦」、リアルタイムでドライビング・アーマーを駆って惑星を制圧する「惑星戦」の3つで構成。これら3つのモードを駆使しながら版図を広げていくことがゲームの目的となる。

 大きな特徴としては、機種ごとに異なる主人公やストーリーが楽しめたり、パスワード(セーブデータ)によって他機種の主人公を自分のゲームに呼べたりした点。コンシューマー版で遊んでいる友だちの家で、パソコン版のパスワードを入力。二人の主人公を使って友だちと一緒にプレイした、なんて人もいるのではないだろうか。これらは当時としては斬新なシステムだった。

 ゲームとしての難度は高めで、アクションシーンは手応え十分。さらに条件が揃っていないと真のエンディングにたどり着けないため、腕に覚えがあるレトロゲームファンであれば、攻略心をくすぐられるだろう。

【ゲーム情報】

タイトル:ディーヴァ STORY6 ナーサティアの玉座(ファミリーコンピューター版)

ジャンル:シミュレーション

販売:D4エンタープライズ

プラットフォーム:Nintendo Switch

配信日:配信中(2022年7月22日)

価格:無料

※Nintendo Switch Onlineへの加入が必要。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button