ゲームニュース

Linuxベースの7インチ超小型ノートPC「Pocket Reform」が登場 – GIGAZINE



7インチ(15.47cm × 8.71cm)のディスプレイを搭載した超小型ノートPC「Pocket Reform」が、ドイツのハードウェアメーカー「MNT Research」より発表されました。

Introducing MNT Pocket Reform—MNT Research
https://mntre.com/media/reform_md/2022-06-20-introducing-mnt-pocket-reform.html

The PocketReform is a made-in-Berlin Linux handheld
https://tuxphones.com/mnt-pocketreform-open-hardware-linux-pda-keyboard-arm/

Pocket Reformは以下のような見た目で、フルHD(1920×1080 310 ppi)の7インチディスプレイにキーボードと10mmトラックボールを備えています。全体のサイズは20×12.6×4.5cmで、重量は「未定」。最大128GBのeMMC、USB Type-Cポート×2やMicroSDカードスロット、最大2TBまでのNVMe SSDスロットを搭載しています。


バッテリーは8000mAhで、USB PDに対応。Micro HDMIポートから最大4Kの映像出力が可能なほか、802.11ac(Wi-Fi 5)やBluetooth 5.0対応で無線接続もバッチリ。さらに4G/5G/LTEモデム用のWWANスロットやmicroSIMカードスロットなどもオプションで付け加えることができるとのこと。モノラルスピーカー付きDACやハードウェアスイッチ付きのMEMSマイクも搭載されています。


さらにハードウェアはオープンソースで、カスタマイズや修理が自由に行えます。OSはDebianやArch Linux、Ubuntu、VoidといったLinuxディストリビューションに加えて、Plan 9 (9front)やGenode、OpenBSDといったOSに対応しており、Sway、GNOME、KDE Plasmaといったデスクトップ環境を利用可能です。


Pocket ReformはノートPCとスマートフォンとの中間を担い、旅行先や外出先、通常のノートPCの持ち運びが困難な倉庫などでの使用に最適とのこと。Pocket Reformはまもなく初期ベータプログラムが開始される予定で、最新情報はニュースレターで確認できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
パーツの交換が可能な自作ノートPC「Framework Laptop」に第12世代Intel CPU搭載の新バージョン登場、前モデル所有者向けのアップグレードキットも半額で提供 – GIGAZINE

500円台のマイコンボード「Raspberry Pi Pico」発売、独自開発のマイコン「RP2040」を搭載 – GIGAZINE

パーツを自分で折り曲げて組み立てる小型PCケース「computer–1」が登場 – GIGAZINE

1TBのSSDを搭載したゲームデータを直接保存して持ち運べるゲーミングマウスが登場 – GIGAZINE

無料で自分のチップを作れるGoogle後援の「Open MPWプログラム」が登場、設計図を送ればオリジナルのチップが手元に – GIGAZINE

指の動きだけでキーを全て入力可能なキーボード「DataHand」とは? – GIGAZINE


クレジット
ソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button