ゲームニュース

VTuber戌神ころねの『DOOM Eternal』イースターエッグ「DOOG」が5日で削除される。本人がゲームをプレイする前に消滅 | AUTOMATON

Image Credit : Every-Mercy-Main

id Softwareは10月23日、『DOOM Eternal』のアップデート3.1を配信開始した。『DOOM Eternal』では、10月20日にDLC「The Ancient Gods – Part One」が配信された。同時にイースターエッグとして、VTuber戌神ころね氏のイースターエッグが発見され話題となっていた。しかし、今回のアップデート3.1でイースターエッグは削除されてしまったようだ。本パッチは不具合の修正が主な内容であり、Xbox One版は来週配信予定、Stadia版は配信予定はない。

DLC「The Ancient Gods – Part One」では、配信と同時にイースターエッグも隠されていた。そのイースターエッグとは、ルーン画面で3回チェーンソーボタンを押すと、「DOOG Eternal」と表示されるというもの。10月20日にDLCが配信された直後、海外掲示板redditのユーザーによって発見されたのだ。

「DOOG」は、ホロライブプロダクションに所属するVTuberの戌神ころね氏に由来するミームだ。戌神ころね氏は公式紹介文によると、「都会にあるパン屋さんにいる犬」とのこと。頭に犬耳がある女の子である。ゲーム配信を中心に活動しており、長時間の配信も多い。『魔界村』や『ドラゴンズレア』、『アサシン クリード シンジケート』と、ジャンルや年代を問わずゲーム作品をプレイしているゲーマーだ。

戌神ころね氏は今年の4月に配信中、『DOOM』シリーズを話題にしていた。その際に視聴者が書き込んだコメントの『DOOM』とドッグをかけた「DOOG」のコメントを発見し、気に入った素振りを見せた。その後、Nintendo Switch版の『DOOM 64』をプレイし、7月には2016年に発売された『DOOM』をプレイしたのだった。

戌神ころね氏はもともと海外での人気も高い。一連の『DOOM』シリーズの配信では、チェインガンでデーモンをなぎ倒し、チェーンソーをもってはしゃいで、グローリーキルに大興奮している。可愛らしくも、少し恐ろしい姿が世界的にネットで話題になったのだ。元の動画は視聴できないものもあるが、英語字幕をつけた切り抜き動画が拡散を手伝ったかもしれない。それ以降、戌神ころね氏と『DOOM』をくっつけたファンアートが大量に作成されることになった。その流れで、id Softwareのスタッフも、戌神ころね氏と「DOOG」のミームについて認知していたのだろう。

このイースターエッグは戌神ころね氏本人も反応している。Xbox公式Twitterも、イースターエッグについて反応。「yubis」とは、戌神ころね氏の独特な挨拶である「ゆび!ゆび!」のことだろう。

「DOOG Eternal」のイースターエッグが削除された理由について定かではないが、パッチノートの文章から推察できるかもしれない。id Softwareによると「DOOGイースターエッグは削除されましたが、悪名高く永遠に生き続けます。どれくらいで見つかるのか、楽しみにしていました。そして、いつもコミュニティの素早さには驚かされます」とのことだ。id Softwareとしては、イースターエッグは見つかり次第削除する予定だったのだろう。

「DOOG Eternal」の削除について、パッチノートのコメント欄やredditなどで惜しむ声も見られる。「DOOG Eternal」は10月20日に発見され、10月24日に削除されたのだ。わずか5日で削除されてしまったので、自分で確かめる前に消えてしまったというプレイヤーもいるだろう。大きく話題になったが、結果的に短命なイースターエッグだった。さらに、戌神ころね氏本人が実際に「DOOG Eternal」を体験する前に、イースターエッグが削除されてしまったわけだ。「DOOG」イースターエッグはPC版とPS4版ではもう見れないが、『DOOM Eternal』のDLC「The Ancient Gods – Part One」はPC/PlayStation4/Xbox One向けに配信中。スタンドアロン版も発売されている。



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button