ゲームニュース

スタートアップとキーパーソンをつなぐSNS「STORIUM」公開、トップティアVC中心に200社集う | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

ニュースサマリ: グランストーリーは4月20日、スタートアップと国内外の投資家、大企業キーパーソンをつなぐSNS、「STORIUM(ストリウム)」を正式公開した。また、これに併せて、スタートアップの新規登録の受付開始も伝えている。登録できるのはSTORIUMに登録済みのVC・CVC・事業会社より出資を受けているスタートアップで、スタートアップ側の利用料は無料。投資会社および事業会社については夏頃を目処に料金プランが発表される予定。

STORIUMは利用基準を満たしたスタートアップとベンチャーキャピタル、事業会社が運営するCVCなどのキーパーソンが集まるビジネスソーシャルネットワーク。各社に用意される企業ページではチームのプロフィールや企業のミッション・ビジョン、協業・共創を求める企業に向けての課題やケイパビリティなどが示される。また、タイムラインには自社のニュースや活動を掲載することができ、将来的にステークホルダーになる可能性のある企業・人物に対して情報提供ができる。

完全クローズドのため、追加投資や事業提携など、関係者のみに伝えたい情報をオンライン上で共有し、効率的に正しい人物にコンタクトが取れるようになっている。なお、不特定多数に対してオンライン上で出資を募ることは金融商品取引法等の法律に触れる可能性があるため、財務情報などの情報は開示しない方針になっている。必要な場合は個別にメッセージを送る機能があるので相対で対応する。

登録されているVC・CVCは日本ベンチャーキャピタル協会に加盟している事業者が中心で、スタートアップ側を含めて約200社が登録されている。2021年1月からクローズドベータで運用を開始し、4月から正式版として公開した。企業やVCの参加については問い合わせが必要。

話題のポイント:スタートアップ・エコシステムをオンラインで効率化するというアイデアは古く、例えば、データベースであれば米TechCrunchが運営していたCrunchBase(現在はTCから独立)やCB Insights、ソーシャルネットワーク的な形式であればAngelListなどが有名です。日本でもスタートアップの登記情報などを掲載するデータベースや、オープンイノベーションの文脈でCreww、AUBAなどがこの領域にチャレンジしています。

さらにベンチャーキャピタル自体もメディア化を進めており、Andreessen Horowitzが立ち上げた「Future」などをお手本に、国内でもベンチャーキャピタルやファンドがオウンドメディアやイベントを開催することは特に珍しいものではなくなりました。

これだけ数多くあっても「これが一番」という一極集中が起こらないのは、扱う情報が未公開株というセンシティブなものであり、また、事業の状況によってはシビアな交渉が求められるという性質のネットワーキングだからなのかもしれません。スタートアップエコシステムが複雑と言われる所以です。

さて、そんな中、新しいプラットフォームが登場しました。STORIUMに期待するのはやはり運営サイドの顔ぶれです。グランストーリー代表取締役の越智敬之さんはサイバーエージェントでデジタルマーケティングを経験された人物なのですが、彼と共同創業したのがジェネシア・ベンチャーズの田島聡一さんなんですね。田島さんはジェネシアの代表であると同時にこのグランストーリーの取締役も務めます。お二人とも元・サイバーエージェントなんですが、在籍した当時は特にお仕事での絡みはなく、ただ、ご近所ということもあってこれまでお付き合いがあったそうです。

田島さんは現在、日本ベンチャーキャピタル協会の理事であると同時にオープンイノベーション委員会の大企業連携部会で部会長も務めています。STORIUM自体、コロナ禍でなかなか密なコミュニケーションができない中、スタートアップの成長機会を損なってしまうのではという課題感が背景にあったのは言うまでもありません。

一方、オンラインで複雑なコミュニケーションをどこまでできるのか、また、持続可能性をどう担保するのか、という点も非常に重要です。ちょうど、長年に渡って国内のスタートアップ情報を配信してきたTechCrunch Japanが廃刊を決定し、5月末で全ての情報へのアクセスを打ち切ると発表しています。情報を掲載されてきたスタートアップにとっては、過去の取り組みがオンライン上から「なかったことになる」わけで、この責任は非常に重いはずです。

ということで、越智さんにいろいろお話を聞いてきました。特に田島さんが重要なポジションを担うこともあり、ジェネシア・ベンチャーズとの兼ね合い、公平性の部分や、持続性を持たせる方法など、ポッドキャストでお話いただいています。

ポッドキャスト全文

BRIDGE編集部・ポッドキャストではテクノロジースタートアップや起業家に関する話題をお届けいたします。 今回の取材では新たに立ち上がったスタートアップのSNS、STRORIUMを運営するグランストーリーの越智さんにお話を伺ってきました。

STORIUMは利用基準を満たしたスタートアップとベンチャーキャピタル、事業会社が運営するCVCなどのキーパーソンが集まるビジネスソーシャルネットワークです。完全クローズドで追加投資や事業提携など、スタートアップ関係者のみに伝えたい情報をオンライン上で共有し、効率的に正しい人物にコンタクトが取れるようになっているそうです。

登録されているVC・CVCは日本ベンチャーキャピタル協会に加盟している事業者が中心で、スタートアップ側を含めて約200社が登録されているSTORIUM。その立ち上げの背景や気になるポイントをお聞きしてきました。

まずはサービスの説明からお願いできますか?

越智:こちらはですね、スタートアップの成功確率を上げるということが一番のミッションになっていまして、スタートアップを取り巻くエコシステム、つまり投資家や大企業のイノベーターの方々、オープイノベーションやスタートアップとの協業や共創っていうテーマをお持ちだと思うんですが、こういった方々をイコールパートナーでお繋ぎできるようなことを目指して作ったのがSTORIUMというプラットフォームとなっております。

どのような企業さんが参加されていますか?

越智:まず、投資家からお話しさせていただけますと、国内トップティアの投資家のVC さん、CVCの企業さんに多く入っていただいていて、主に日本ベンチャーキャピタル協会に加盟されてる投資家の方々を中心にお声がけさせていただいております。あと、大企業の方々はイノベーターチーム、事業やビジネス投資などをされているような方々ですね。スタートアップをリスペクトしてフラットにお話をされている、事業部やみなさまとの協業マッチング等もしっかりやられている、そういったイノベーターチームという方々に来ていただいています。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。


  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」

無料メンバー登録


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button