ゲームニュース

GeForce RTX 3080搭載ゲーミングPC「G-Tune | ニコニコニュース

【元記事をASCII.jpで読む】

 マウスコンピューターのゲーミングパソコンブランド「G-Tune」から、最新GPUである「GeForce RTX 3080」を搭載するハイエンド向けゲーミングパソコン「G-Tune EP-Z」が登場した。GeForce RTX 3080は、前世代のGeForce RTX 2080と比べ、CUDAコア数が3倍近くに増加し、4Kゲームプレイやレイトレーシングを使った重量級のゲームでも現実的に遊べる性能をうたっているのが特徴だ。

 G-Tune EP-Zは、G-Tuneの最上位級のパソコンのみに採用されているフルタワーケースに、GeForce RTX 3080に加え、Core i7-10700K、32GBメモリー、1TB SSD(M.2接続/NVMe対応)、2TB HDDを搭載。価格は33万3080円からとなっている。せっかくGeForce RTX 3080を搭載しているからCore i9とはせず、ゲームプレイにおいては存分に性能を引き出せるであろうCore i7-10700Kを標準スペックで採用し、その分価格を抑えているのもポイントとなっている。

 今回は、さっそく試用機を借りることができたので、今回は基本性能からチェックしていく。なお、試用機は標準モデルから360mm長の大型ラジエーター採用の水冷CPUクーラーに(標準モデルは240mm長のラジエーターを採用する水冷CPUクーラー)、電源を850W(80PLUS TITANIUM認証取得)から1200W(80PLUS GOLD)に、サイドパネルをライトスモーク強化ガラスにカスタマイズしたモデルとなっている。こちらの構成で、価格は35万4860円。

GeForce RTX 3080以外もハイエンド構成
ゲームはもちろんクリエイティブ要素にも

 まずは、G-Tune EP-Zの総合的な性能をチェックするためにPCMark 10を計測したところ、総合スコアは7357という結果になった。詳細をみると、詳細では、アプリケーションの起動時間・ブラウザーの描画といった数値を見る「Essential」が10474、WordやExcelなどのビジネス系アプリケーションの動作能力を見る「Productivity」が8862、3Dグラフィックス描画や画像、動画の編集能力を示す「Digital Content Creation」が11644という結果だった。

 ハイエンドな構成なので当たり前なのだが、総合スコアはかなり高い。加えて、Digital Content Creationもしっかりと1万を超えているため、ゲームプレイに加え、手の込んだ動画編集などもできる性能だといえるだろう。

 CPU性能をチェックできるCINEBENCH R20は、マルチコアが4861pts、シングルコアが506ptsという結果になった。Core i9やAMD Ryzen Threadripperほどではないものの、ゲームプレイにおいては十分なスコアだと思う。

 ストレージ速度を計測するCrystalDiskMarkは、シーケンシャルリードで1TB SSDが2082.34MB/秒、2TB HDDが198.90MB/秒になった。SSDはNVMe対応なので、十分高速。容量も1TBあるので、メインでプレイするゲームはこちらにインストールすればよい。HDDはSSDと比べると遅いので、ゲームプレイを録画したデータや、スクリーンショット、そのほかのデータなどの保管用として使用するといいだろう。

 なお、SSDをBTOカスタマイズで最大3500MB/秒超の「Samsung pm981a」に変更したり、HDDをSATA 3接続のSSDに変更することも可能。メインストレージをより高速にしたい、セカンドストレージもSSDにしてある程度高速にしておきたいという人は、BTOカスタマイズを利用するといいだろう。

 では、メインとなるグラフィックス性能をチェックしていこう。まずは3DMarkからチェックしたところ、Time Spyが15368、Time Spy Extremeが7766、Fire Strikeが29594、Fire Strike Extremeが18599、Fire Strike Ultraが10356、Port Royalで10786という結果になった。

 注目すべきは、4K解像度でのテストとなるTime Spy ExtremeおよびFire Strike Ultra、レイトレーシングを使用したゲームプレイのテストとなるPort Royalの結果だ。いずれもGeForce RTX 2080 SUPERおよび2080 Tiとのスコア差が大きく、4K解像度やレイトレーシングを使用したゲームプレイがより快適にできるようになったというのは、間違いないだろう。

 最後に、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK」をチェック。高品質、フルスクリーンという設定で、解像度を1920×1080ドット/2560×1440ドット/3840×2160ドットに変更して計測した。結果はいかのとおり。

 また、カスタムでDLSSをオンにして計測したところ(解像度は3840×2160ドット)、10551(とても快適)までスコアは上がった。FFXVくらいの重量級タイトルでも、あまり設定を気にせずゲームプレイが可能なほか、DLSSに対応していればさらに快適に遊べるのがわかった。

 G-Tune EP-Zは、GeForce RTX 3080を搭載することにより、4Kやレイトレーシングを使用したゲームプレイを現実的に視野に入れられる性能を持っているのが分かった。今後、重量級タイトルや、レイトレーシングに対応するタイトルが増えていく中、ゲームの性能を存分に引き出してより快適にプレイしたいなら、G-Tune EP-Zの性能は魅力的。

 さらに、エアフローに加えメンテナンス性、静音性などにこだわったケースを採用しているので、せっかくハイスペックな構成のマシンを買うので長い期間使いたいという人や、将来的にスペックを強化したいという人にもオススメできる。自作に自信がない、最初から組んでありすべてそろったハイエンドマシンを探している人は、G-Tune EP-Zを検討してみてはいかがだろうか。

 次回は、実際のゲームプレイ時のフレームレートをチェックしていく。

GeForce RTX 3080搭載ゲーミングPC「G-Tune EP-Z」で、4Kやレイトレーシングでのゲームプレイをその手に!

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button