ゲームニュース

ブローダーバンドのピンボール『David’s Midnight Magic』、システムソフトが国産PCに移植(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

【この記事に関する別の画像を見る】

 アメリカのゲームセンターで目立つ筐体と言えば、ピンボール台があります。硬貨を投入し、限られた球数の中でスコアをどこまで伸ばせるかに挑戦するのですが、このピンボールの魅力を「スクリーン上に本物以上のリアルさで再現した(パッケージより)」のが『ミッドナイト・マジック』です。『チョップリフター』や『ロードランナー』と同じくブローダーバンドソフトウェアのタイトルで、システムソフトが国産PCへと移植しました。

 本作のルールは単純明快で、右下のプランジャーから打ち出されたボールを上下段それぞれに1組ずつあるフリッパーで落とさないように打ち返し、高得点を狙うというものです。通常のピンボールゲームは下段左右にフリッパーがあるのですが、『ミッドナイト・マジック』では上段にも設置されていて、2カ所でボールをさばくことになります。

 盤面上部の左側にある“ボール溜まり”と呼ばれる部分には、入ったボールがストックされます。ここに3個ボールが入るとすべての珠が開放され、マルチボールプレイがスタート! ピンボールをプレイしている中で最も慌ただしく、そして最も興奮する時間となります。まずはそれを狙うのが、順当な攻略手順でしょう。

 左上に見えるランプレーンの赤い点は上を通ると得点がプラスされるほか、ボーナスポイントが+1となります。また、各所に設置されている緑や赤といった板状のオブジェクトも、すべて倒すとボーナスが追加されるので、そこでボーナスポイントを稼ぐのも重要に。貯めたボーナスポイントは、落球時にポイント数×1,000点がスコアに加わるため、なかなかバカにはなりません。

 さらに、実機ではキャビネット部分だけをゆがめるハギングや、台を奥に突くナッジングなどの動作でボールの軌跡を少しだけ変えることができますが、それと似たようなシステムとして本作には“TILTキー”が設定されています。スペースキーを“チョン”と叩くことでフィールドがわずかに揺れ、ボールに勢いが付いたり向きが変わることができました。しかし、押しすぎると実機と同じく“TILT”となってしまい、そのボールでの遊技が終了に……。まさに諸刃の剣ですが、実際は使いこなすのが非常に難しいテクニックなので、実機で効果的に実行できればピンボール上級者といえるかもしれません。

 初心者はフリッパーを滅茶苦茶に操作したり、ボールが落ちてくる時に焦って両方のフリッパーを上げるダブルフリップをやらかしますが、ボールの動きをよく見て対応するフリッパーだけを操作するようにすれば、一気に点数が跳ね上がるはずです。それができるようになったら、フリッパーの根元でボールをキープするホールドなどのテクニックを練習してマスターしていけば、よりピンボールが面白くなっていくかと思います。

 本作は、登場したのが1984年と言うこともあり、フィールドに配置されたギミックはあまり多くなく、またボールの挙動もリアルそのものというわけにはなっていません。それでも、この時代にリリースされたピンボールゲームとしては十二分に面白く、左フリッパー操作キーの“Z”と、右フリッパー操作キーの“_”が遊びすぎて大変な事になった! という話を耳にするほどにはヒットしたようでした。

 システムソフトはこの時代にブローダーバンド作品を3作移植しましたが、残りの1本となる『チョップリフター』については、近いうちに取り上げたいと思います。

80年代マイコン大百科(著:佐々木潤)

Amazonで購入楽天で購入

レジェンドパソコンゲーム80年代記(著:佐々木潤)

Amazonで購入楽天で購入

激レア! お宝発掘!! 80年代マイコン読本(著:佐々木潤)

Amazonで購入楽天で購入

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button