ゲームニュース

ソニーの最新スマホ「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」が発表、日本でも2021年初夏登場予定(BUSINESS INSIDER JAPAN)

【全画像をみる】ソニーの最新スマホ「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」が発表、日本でも2021年初夏登場予定

それぞれ日本を含む国・地域で、2021年初夏以降に発売予定。国内では、Xperia 1 IIIをKDDIとソフトバンク、Xperia 10 IIIをKDDIがそれぞれ6月中旬以降に発売するとアナウンスしている。いずれも「価格は未定」(KDDI、ソフトバンク両社広報)。

特にXperia 1 IIIについては、Xperiaとしては新機構のカメラモジュールや、360度立体音響技術、ゲーマー向け機能など、前機種を超える「ソニーファンの期待」に答える製品に仕上がっている。

可変式望遠レンズ搭載など王道進化した「Xperia 1 III」

完成度の高かった前機種「Xperia 1 II」から、主に以下のような機能が強化されており、「ソニースマホの1つの完成形とも言える仕様」に仕上がっている。

超広角(16mm)、広角(24mm)、ペリスコープ型※ 望遠レンズ(70mm/105mm)搭載で、合計4つの画角に対応

同社の一眼カメラシリーズ「α」の被写体追尾(リアルタイムトラッキング)技術を搭載

世界初の「4K 120fps HDR対応」の有機ELディスプレイ搭載

ソニーの立体音響技術「360 Reality Audio」に初めてスマホ本体のスピーカーで対応

通常音源も擬似的に立体化する「360 Spatial Sound」を搭載

ゲームファンから要望の高い、高フレームレート(120fps)のゲームプレイ録画が可能

※ペリスコープ型カメラ:光を端末内で数回屈折させる機構。あいだのレンズを動かすことで、異なる倍率(画角)を実現する。

Xperia 1シリーズは、従来からソニーのさまざまな技術を結集させたモデルではあるが、今回はその色がより濃くなっている。

ユーザー目線でとくに大きな変更は、従来カメラアプリとして、通常の「カメラ」と「Photo Pro」がプリインストールされてきたが、これが「Photo Pro」に統合された点だろう。

Photo Proは一眼カメラαの操作系や連写などの「写真にこだわる人が使う機能」がまとめられたアプリだ。

そのため、一般的なスマホユーザーにはややわかりづらい部分もあったが、今回従来カメラアプリ相当の「BASIC」モードが追加。Photo Proアプリだけで、ライトユーザーから撮影に凝りたいユーザーまでカバーできるようになった。

また、オーディオ面でも2種類の立体音響技術を搭載した点が特徴。360 Reality Audioは専用の音源データが必要だが、まるで音楽ホールで生の演奏を聞いているかのようなリッチな体験ができる。

一方で、360 Spatial SoundをオンにするとSpotifyなどのストリーミング音源でも、内部音源を分析し、比較的にライトな立体音響風のエフェクトを楽しむことができる。

なお、販売する市場によって異なるが、対応する5Gバンドについてソニーは「Sub6とミリ波に対応する」としている。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button