最新の国際ニュース

コロナウイルス【最新ニュース速報】コロナ第二波に対するアンソニーファウチの警告



コロナウイルス第ニ波が激しくアメリカを混乱させています。イタリアとニューヨークの二の舞になってはいけない。しかし3月に始めたロックダウンを5月に解除。ロックダウンのおかげで下がり始めていた感染者と死者数。ここにきて感染者数は激増しています。アメリカ生活21年目の子の危機をこの目で追います。

各州ごとに再段階的な再オープン計画は行われていますが、見直す州方向を示す州知事もいます。

2度目のロックダウンはどうしても避けたい。イタリアとニューヨークが経験したことも避けたい。大統領選挙がもうそこまで迫っている。アメリカが揺れています。

アメリカ免疫学の第一人者アンソニーファウチ氏は2度目のロックダウンをしなければ、感染者300万人を突破したアメリカの流れは止まらない。

何らかの形でガイドラインに従うことを強化すれば、必ずこの数値はまた下がり始める。

現在33州で感染者数が上昇しており、6月前までに下降傾向が一転しています。

アリゾナ州、カリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州が全国の50%を占めるというホットスポットになっています。

こうした州ではICUがほぼ満杯になっており、さらなる感染者の増加が懸念されています。

ファウチ氏を含めた専門家は、テストの拡大と感染者に対するコンタクトトレーシングが2度目のロックダウン以外に残された手段だとしています。

テキサスでは、水曜日1日で98人が感染のため死亡し最高を記録しました。

また感染者の数でも全国一位でその数は一日9979人です。

テキサス南部のブルークス郡では、要請の人が公の場に出たら逮捕されます。

サウステキサスヘルスシステムの病院ではICUの収容可能数を同院の会議室を使うなどして、2倍にしました。

ウェスラコの病院では野外にコロナウイルス患者のテントを張ったくらいです。

看護師全員が疲れ切っている。患者の病状はよくない。

ドクタールーアンウッドワード氏は新たなロックダウンは賛成できません。

ここフロリダでは48の病院でICUが木曜日に満杯になりましたが、関係機関は必要に応じて収容能力を随時ふやせる。

同木曜日に120人の新たな感染者を確認。一日での最高記録を更新した。

またルイジアナでは6月に収束に向けて前進したのですが、ここへきてその努力も水の泡。死者数が3231人になりました。

ニューオーリンズではレストランやバーはお客さん25人までで、しかもバーでは室内着席禁止とマスク着用の義務を新たに発令しました。

カリフォルニアのロサンゼルスでは感染者数の増加が過去になく著しくなっており、自宅自粛の規制が新たに発令される可能性が非常に高いとされています。

また、一時は閉鎖した学校をどうするか。

アンソニーファウチは学校は再開する最大の努力をすべきだとしています。

学校の閉鎖を引き続き行えば、その過程へのネガティブな影響が計り知れない。

子供の面倒を見るために仕事へ戻れない人たちもいる。

子供たちの健康を守るべきあらゆる手段を実施することはもちろん、学校を再開することは重要だ。

トランプ大統領は各州知事に学校を再開することを要求し、もししなければ中央政府からの資金を止めるとプレッシャーをかけています。

またホワイトハウスではCDCの学校再開のガイドラインは厳しすぎるとしていますが、CDCのロバートレッドフィールド氏はそれを変えるつもりはないどころか、さらに新たな参考文書を加えるとしています。

今のところ、コロナウイルスが子供たちにどのような影響を与えるのかはわかっていません。

当初は子供たちは大人に比べて、このウイルスからの影響が非常に少ないとされていた。

ただし最近の研究によると、子供たちのウイルスへの反応は大人とは違い、また最近拡大しているテストも子供たちは全く対象にしていないと指摘しています。

CDCでは、熱や咳、または呼吸困難の症状を持った人や国外に旅行する人などに限ってテストを行うことを推奨している。

この研究では感染した子供は、全く関係性が考えられない書状を起こしている。バクテリア感染や虫垂炎や筋肉の炎症などです。

研究者はこれらの症状はコロナウイルスによるものなのかはまだ解明されていないとしています。

チャンネル登録する

パースペクティブのプレイリスト

メッセンジャー

ツイッターのほうもよろしくお願いします!

インスタも世界の写真アップしてます!チェックしてフォローお願いします!

#Ryota #りょうた #りょうたデイリー

ソース

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button