最新の国際ニュース

速報!ニュース解説 韓国、日本製産業用バルブ課税撤廃の履行を守らず!



解説:松田政策研究所 代表 松田学

松田学公式ホームページ

松田政策研究所FB

無料メルマガはこちら*バックナンバーあり

#韓国 #WTO違反 #日韓関係

ソース

もっと見せて!

Related Articles

23 Comments

  1. 日本も韓国からの輸入品に全てに5年間100%の追加課税をすればいいんだよ。

  2. 今までも明らかに日本が正しいのだから、世界は分かるはずだと言って韓国を甘やかしてきたのだと思うけど…
    日本が完全に無視し続けるなら良いですね。信頼出来ない国なのですから、全ての優遇措置から外せば良いと思います。

  3. 松田先生のこと尊敬しています。 ですが今回の先生の解説はごちゃごちゃしていて脈絡がとれません。 相手に対して明快な強い抗議をせず、アメリカや世界を当てにしている情けなさ。 戦後の日本人の弱点丸出し。 これでは韓国に馬鹿にされるのは当たり前。 アメリカや世界にも馬鹿にされるでしょう。

  4. 国際法をまともに守れない国などと貿易しなくても問題なし。即断交すれば韓国が自滅するだけなので好きにやらせてれば良いじゃないの~。

  5. 韓ちゃんに目くれるな、勝手にしやがれ。ただし国際世論に正しい情報攻勢を!

  6. なんで木が狂ってる韓国に日本製産業用バルブを売ってやるの?
    バルブが可哀そうだろバルブを虐待すんなコラ
    木違いだぞアイツラ

  7. 条約や協定といった国同士の約束すら、ろくに守れないBa韓国ですから。ですから。課税撤廃を履行せんでも格段不思議では
    ありません。
    韓国に是正を勧告、シャレやん!!

  8. 日韓議連の代表者にこのところの一連の報道にたいする意見を聞いてみたいんですが。まぁ、出てこないだろうけど。最近は自分達の立場が悪くなってるもんだから、顔を晒さないために静かに地下にもぐってるみたいですね。良識ある世界に向けて日本の立場を発信すれば、K国の非常識さを理解してもらえると思います。とにかくK国とは大幅なソーシャルディスタンスをとりましょう。

  9. 確かに韓国は日本を嘗めていますが、それを日本人は『キィー!』とはならず、『まぁ〜た始まった』と、日本人も韓国人の事を蔑んでいます。蔑むより…もっと馬鹿にしているイメージですね。
    国際的にも韓国の馬鹿さ加減に気づいています。
    あとは日本が韓国を見捨てるだけ。それだけでいい。脱韓国です。そして金輪際永遠に相手にしない事です。
    もう十分な学んだはず。
    韓国に関わればどうなるのか…中国も然りです。
    リスクの高い国とは、今後関わらないように用心しなければ…

  10. 毎回、毎回の内容については慧眼であり、招聘されるゲストとの座談を始め日本と日本人にとって有益な視座、提言であります。

    声質は安定感あり、発声の量は必要にして充分、発音も明確、滑舌も良好ながら、惜しむらくは、呼吸の際に大袈裟で無駄に音を立てる。
    特にイヤフォンで聴いていると、大きな雑音でしか無く非常に耳障り。
    内容のレベルの高さとは裏腹に話術の不細工、画竜点睛を欠く。音を立てずに静かに息を吸い発話することは出来ないのか?

  11. K国の見本 がC国。
    WHOのポストを牛耳ったC国が
    C国肺炎の隠蔽に成功か。

    いわゆる「国際?」機関のポストを牛耳るうま味。 
    買収でポストを取り 屁理屈をごり押しする。
    正しい日本を押しのけ、K国が勝利する早道。

  12. 日本は殴り返さないから、韓国としても怖くない。
    中国やアメリカに同じことをすれば、殴り返されるから手を出さない。
    日本もやられたら、やりかえさないと舐められっぱなしだ。ビザ免除廃止とか信用状など、いくらでも武器はあるんだから、政府は、しっかり殴り返してほしい。

  13. 慰安婦の少女像は米軍の軍用車に轢かれた少女なのを正しく世界に発信するべきですね 外務省外務官僚の怠慢を許すな

  14. HP同じ価値観を共有する重要な隣国と載せる外務省 厳しい批判もしない GHQが米国の利益のために働く人で再出発した日本国政府 大蔵省自民党に新井将敬 日本人と国益のためには働かない組織 世界に向けて韓国の悪行を発信しない不思議 世界遺産でも外相合意反故 報復しないのはおかしいだろう

  15. 中国が出来ることは韓国もできる 日本は悪 韓国は善 俯瞰的に物事を見れない 歴史を正しく見れない国に未来は無い

  16. 私はアメリカに住み、中国・韓国・北朝鮮のやり方に日本は「いじめられっ子」体質で対応しており、彼らを助長させている事を心配しています。河野太郎大臣の言動はアメリカ人的で世界に通じます。「やられたら、やり返す」精神は、どの国でも常識ですが、日本は弱い。これが舐められる、相手に利用される日本人の弱点になっています。
    アメリカは訴訟社会です。訴訟に勝つには、事実に基づいた「証拠」が不可欠です。訴訟したら「簡単に和解をする」日本の会社は、弁護士の餌食になっている事を自覚する必要があります。お金目当ての人や会社には「美味しい餌」です。
    私は英語力をつける為、背伸びしてジャーナリズムのクラスを受講。その時々の社会問題を話しており、アメリカ人の思考の違いや視点、行動の違いを知りました。「調査報道」は2回も受講。「名前と住んでいる市」の情報で、パブリック・レコードからバックグランドを調べるという課題があり、100通以上を集め、日本の新聞では報じていない情報を知りました。アメリカは訴訟社会ですが、弁護士を持たなくても不正をする人に反撃するシステムがある事を知り、アメリカを生き抜く力となりました。免許を剥奪された弁護士もいます。「知識はパワー」です。アメリカの一流新聞社からお誘いがあり、私の英語で通用するのでしょうか、と聞いたら、希少価値の人です、日本で育ち英語で記事を書ける人がいない、日本の文化と習慣などを身に付けて英語が書ける人を探しています。と言われました。
    私はジャーナリズムは面白いけど、違う道を選びました。アメリカのシステムに問題があると、私の「レポート」を証拠としてUS教育省に送付。詐欺事件として捜査が始まり、大学に「私を確保するように」と要望した事をメッセジャーから聞きました。大学でも異例の抜擢があったのですが、アメリカ政府が私のスポンサーになったのです。
    行動することによって、事態は変化します。河野太郎大臣が総理大臣になったら日本は変われる、と期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button